parent’s voice

渡辺高等学院名古屋校に進学、もしくは転入したいとお子様が言われたとき、どう思われましたか?
(賛成・反対・本人が希望するなら任せている)

渡辺高等学院名古屋校の第一印象は?

渡辺高等学院名古屋校の現在の印象は?

お子様が入学して約1年、変わったことはありますか?

お子様へのメッセージを!

苦労してほしくない。彼女の「本気」が私の気持ちを変えました。

吉川 はな | お母様

一期生
エンターテイメント総合コース1期生
中学から進学

Q.1

反対。たとえ3年間勉強しても娘が芸能の道に進める可能性は低く、苦労すると思い反対しました。しかし、娘が本気で芸能の道に行こうと思っているが、話をしていく中でわかり、我が子が頑張ろうと思っている道を、親も本気で応援しようと気持ちが変化しました。

Q.2

何校か訪問していたので、様々な点でお任せできると思いました。中でもやはり「100人いたら100通りのプロデュース」が、私の一番安心したところです。

Q.3

本当にこの学校に通ってくれてよかったと思っています。おそらく一般の高校に通っていたら辞めていたと思います。今、本当に自分のやりたいことをさせていただいて毎日キラキラしています。

Q.4

まず感謝の心が育ったこと、挨拶が今まで以上にできるようになったこと、自分の気持ちを素直に言えるようになってくれたこと、礼儀が正しくなった事、考える事を諦めない事などなど、きっと他にもたくさんあります。

Q.5

はなは本当に可愛くなったし、きれいになったと思う。あなたは努力の人です。それは家族が知っています。はなは必ず夢をつかめるよ。諦めない心、感謝の心を忘れず、大きな世界へ羽ばたいてね。

偶然見つけたパンフレットは、必然だったのかな。

高野 友羽 | お母様

一期生
エンターテイメント総合コース
中学から進学

Q.1

賛成。 芸能界は小さい頃からの夢で中学3年生になっても思いが変わらなかったので、芸能コースのある高校を探していました。でも見つからず、中高一貫校だったため、そのまま高校進学予定でしたが、偶然WHSのパンフレットを手にして母娘で検討に入りました。

Q.2

記載されている説明会日程ではなく、個別の説明会をお願いしましたが、丁寧な対応と説明をしていただきました。担当の方の元気な姿にモチベーションも上がりました。

Q.3

一番前で先生に指導してもらいたいから、できなかったところは朝夕に自主練習を毎日して、次のレッスンまでに完璧にすると話してくれました。学業とレッスンの両立は大変になると思いましたが、笑顔で生き生きしています。

Q.4

大きく変わったことは、朝自分で起き、この1年間遅刻が一回もなかったことです。規則を守ることは当たり前ですが、信頼関係を壊したくないから守ると自分の意志を持ち、実践していることですね。

Q.5

多くの方々への感謝を忘れずに、困っている人や助けを必要としている人に声をかけ続ける優しい人でいてください。これからも一緒にがんばろう!

今の高校には行きたくないでも、高校には通いたい娘の決断

森 彩衣 | お母様

一期生
エンターテイメント総合コース1期生
他高校からの転入学

Q.1

本人が希望するなら任せている。我が家では、本当にやりたいことがあれば、情報を集めて真剣に話してくれたら応援する。というやり方をしていました。娘は自分で情報収集をして「ここに行きたい。行かせてください」と頼んできたので、我が家のルール?(笑)通り、転校を考えることになりました。

Q.2

娘の2歳上の姉がWES東京校に通っていたこともあり、普通科の高校では学べない、人として身につけてほしい事が育成の基本であることに共感していました。社会に出て本当に必要なことを高校の単位を取りながら学べるなんて…素晴らしいと再認識しました。

Q.3

勉学も芸能学も人としてのマナーもきちんとご指導いただいています。テストに向けて机に向かい、苦手なダンスも楽しいとその日できなかった動きを家で練習しています。本当に毎日楽しそうに課題に取り組んでいます。

Q.4

歩道に落ちているゴミを拾い、倒れた自転車があれば起こすなど公人という意識がつき、マナーを守るようになりました。地元のスーパーでアルバイトをしていますが、地域のお年寄りの方とも笑顔でコミュニケーションを取れるようになりました。

Q.5

いつも応援してくださる人がたくさんいることに感謝を忘れずに。

どこでもいいから大学進学する勉強漬けの毎日と目指す将来の乖離から。

堀部 耀大 | お母様

一期生
俳優女優コース
他高校からの転入学

Q.1

(父)賛成。「役者になりたい」と聞いた私は、現実の厳しさを考えてたった一言、「芸能人と政治家だけにはなるな。」と叱った事があります。ただ、本人はその夢を諦めきれず、ずっと希望を持ち続けていました。その強い思いを充分理解して、大いに賛成しました。

Q.2

(母)初めて見学に訪れた時に、担当の方のお話を聞き熱く話す様子やとても明るい態度に好感を持ちました。そして学長のお話に感動しました。その中で「人間力の育成」の説明を受けこのような方達に指導を頂けるなら任せたいと心から思いました。

Q.3

(父)「毎日が充実している」という本人の言葉通り、180度表情が変わりました。学校での様子はブログを見ていますが、いつか失っていた幼少時の様子(よく笑う・唄う・踊る・演じる)を取り戻していました。周りの仲間や先生方の理解が深いと感じております。

Q.4

(母)1年前の写真を見つけ、今の彼とのギャップに驚きました。見た目だけでなく、精神的にも成長しました。人との争いごとを好まず、普通でいることを何よりとしていた彼が“負けたくない”という欲を持ち自分の殻を破って自分を表現するようになりました。

Q.5

(母)他の誰のものでもない人生、悔いのない様に思いっきりチャレンジしてそして何より楽しんでください。ずっーと応援します!!そして、支えて下さった沢山の人達に感謝の気持ちを忘れずにネ!