在校生奨学金制度、面接

2017年12月18日 11:32 pm

お疲れさまです。

2018年までちょうど2週間となりました。

聞きたくなったのですが私はなんか大殺界というところにいるらしいです・・・。

三瀬先生がわたしも同じなんですよと愉快に言ってきて多少イラっとしていますww

でも言われてみれば身に覚えのある1年でしたが汗

と言っても元気に過ごすしかないので改めて学生より元気な挨拶を心がけようと思う今日この頃。

 

はい。

本日は在学生が3年目、2年目の進級する際の学費免除制度の奨学金制度の面接日でした。

面接官はWEGの坂本理事に東京から来てもらい行ってもらっています。

本日の一言があるとするなら「緊張」ですかね。

全員ではありませんが「緊張」というモンスターにそれぞれがのまれていたかなと。

 

一期生は少数でした。ですが昨年も選ばれている学生でもちろんハードルも上がります。

昨年の映像も残っていますが、昨年ここで宣言したことを実行できていますか。

そもそも覚えていますか。ただいうだけではその場しのぎでしかありません。この面接を

合格するために行っている制度ではありませんので有言実行が大事ですね。

ゆうちゃんから始まりました。

そしてつきな。

禁止ワードの「えっとー。」っと言った瞬間にはなと目が合いましたがw

そしてはな。

 

四人目はれいなでした。

みんなとにかく噛む。止まる。話がまとまらない。

 

そして次のグループは二期生。

はやたく。

君はまずレポートを終わらせなさい!!!

 

にいな。

目力は良かったですが、緊張がこっちにもひしひしと伝わってきたな。

感想でめっちゃ謝っているメールきましたが、謝らなくていい。

この反省を生かして成長するのだ!!

 

在学中に資格への挑戦、そして取得アピール

GOOD!!

 

続いてダンスチーム『WANGY』のリーダーでもあるりこ。

緊張。に勝つ子になろう! 同じく謝らんでいい。前向きに!!

 

名古屋校の暴れ馬しゅい。w

いや、失礼しました。名古屋校のアラレちゃんことしゅい。

流石にこういう時の堂々さは感心します。

 

2グループ目は奇跡のハプニングから始まりました。

来年のテーマは「あんりの力で日本を元気に」のあんり!

ハプニング大賞候補ww

一部始終・・・。

以上です。

ありがとうございました!!

着席。  ん。

 

着席?ww

 

椅子までの間隔!!!ww

 

着席失敗ww

でも3グループ目はあんりのおかげで緊張が少しほぐれたのでは!?

 

そんな中での愛。

得したなww

ムムム。なっち。

あげたコロコロローラーの効果出てきてるんちゃうか!!

 

次の順番にビビるはち。ww

そんな怖がるな!!ww

 

ダイエットしてるのにハンバーグをどうしても食べちゃうPR。

相変わらず天才すぎやろww どうしても笑いを我慢できなくて平賀退室汗

 

その中でも奮闘したみさき!!

よく頑張ったな!!

 

最後のグループはもねから始まりました。

意外にも緊張が見えないもね。

 

よしとは同じこと何回も言ってたけど、それだけ伝えたいんだというのは伝わった。

しかしちゃんとまとめないと!!

 

おきく。

感想メールでわたしは語彙力が足りないんです。

もっと自分の言葉で伝えたいんだと。

感想で送ってきた、わたしは月に最低でも1冊本を読みます発言。

信じてるぞ。有言実行!!

 

最後はちはる。

思っていたよりも堂々としていて、途中号泣というね。

でも気持ちは伝わってきたよ。

 

本日の面接は終了です。

次に進める人は最終実技審査があります。

今日の反省、そして不完全燃焼のある人は次回は後悔のないように。

 

そして。

全員自分のアピール課題が終わったら、理事による質疑応答。

 

二期生はこのような質問が。

「感謝している人は誰で、それはなぜですか」というもの。

ほぼ全員が両親、もしくはお母さんです。とここははっきり答えていました。

ここからは各グループ号泣の連続。

保護者の方、お母さま。ブログ見てますかね。

確実に言えるのは、この面接はビデオで撮影もしていますが、泣けます・・・。

泣きながらお母さまへの感謝を語っている生徒をみて耐えられませんでした。ちょこちょこ仕事放棄して

教室でました。

普段は中々「ありがとう」の言葉を言えていないのですが心から感謝しているとみんな

熱く語っておりました。

いつかこの動画DVDにして各家庭に送ろうかな・・・。

 

そして坂本理事より終わりに色々話しましたが。

親に感謝しているという学生が多い中。

では親が喜ぶのは君がどうしたらいいのかなという話。

みんな答えていましたが。

もちろん奨学金制度により学費の免除で経済的なものはあります。有名になって活躍することもあります。

ですが、一番は夢にむかって頑張り、挨拶をして、勉強をして。

何より健康で、元気に、そして一生懸命努力して頑張っているみんなの笑顔を期待しているのではないでしょうか。

その延長線上に夢があるのではということです。

 

三期生の皆さん。

一期生、二期生の先輩から三期生の見本になれる、憧れるような先輩になりたいですと宣言している

人も多かったです!! ぜひ入学した際はそんな先輩の背中をみて、そして見本にしてください。

そう思わせる先輩方が名古屋校に沢山います。

 

以上!!!

Categorised in: ,

This post was written by watanabe hs